不倫略奪”で世間を騒がせた歌手の一青窈さん(38)と音楽プロデューサーの小林武史さん(55)が8年にわたる交際の末、破局したことが発覚した。結婚願望が強かった一青さんと再婚に消極的な小林さんの間にはケンカが絶えず、“死ね!”“殺せ!”の言葉が飛び交う凄絶な修羅場もあったという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


 不倫をテーマに大ヒットしたドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系)で主題歌『他人の関係』を歌った一青窈(38才)は、10月26日、都内で開かれた新アルバムの発売イベントでこう話した。

『昼顔』には本当にはまって、全話見ました。あのエンディングには大満足しています

 それは、劇中で不倫相手との関係を清算した上戸彩(29才)演じる主人公・紗和の姿に自身を重ね合わせていたからかもしれない。

 10月28日、『FLASH』の報道で、一青と小林武史(55才)の8年にわたる交際に終止符が打たれたことがわかった。これまで一青の楽曲プロデュースもしていた小林だが、破局により、彼女の音楽活動への関与も一切なくなったという。

 ふたりの関係が初めて報じられたのは、2007年1月のこと。当時、小林は妻のakko(41才)と子供2人を持つ身で、一青による“不倫略奪”として世を騒がせた。

 小林と一青といえば、破局と復縁を繰り返してきたふたりでもあった。

一青さんは結婚願望が強く、子供も欲しがっていたのですが、前妻のakkoさんとの間に子供がいる小林さんは再婚に消極的で、その溝が埋まらず、2009年に一度同棲を解消しています。それでも翌年には一青さんが彼の元に戻るなど、切っても切れない関係だったんです」(芸能関係者)

 現在、一青は都心に建てたばかりの一戸建てで一人暮らしをしているといい、新居を建ててまで別れを選んだ一青だけに、“もう戻らない”という覚悟が見て取れるが、そこに至るまでには、壮絶な修羅場も経験していた。

「2度目の復縁の後も、のらりくらりと再婚をかわし続ける小林さんに、一青さんも堪忍袋の緒が切れたそうです。もちろん仲睦まじい日もありますが、ちょっとぶつかると同じ口論の繰り返し。彼女は激昂すると泣いたり叫んだり、手がつけられなくなるようです。双方から“死ね!”“殺せ!”の言葉が飛び出すこともあったそうです」(前出・芸能関係者)(以上NEWSポストセブン)


ネットでは、「一青窈さんって執念深そう」「子供までいる正妻から略奪するような女なんだから、そりゃあ怖い性格だろうさ」「どっちも結婚には不向きに思える」「『昼顔』の主題歌を堂々歌い上げる一青窈の図太さがさすが不倫女!どんな気持ちで引き受けたの?あり得ないわ」「不倫の成れの果て」「20で付き合って30で捨てるのでもひどいのに 30で付き合って40で捨てるのは極悪非道としか言いようがないね」などの声が。

子供を産むのはリミットがありますし、小林さんに結婚する気がないのならもっと早く一青さんと別れた方がよかったのでは?

世間で避難を浴びた”不倫”ですが、少なくとも一青さんにとっては純愛だったのでしょうね…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に