詐欺容疑で逮捕されたローラさん(24)の親でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル氏(54)が15日、処分保留で釈放された。父親は同日夜、勾留されていた荻窪署を出ると、待ち構えていた報道陣のカメラに向かって「ローラ頑張ってね。パパ、もう大丈夫だから。何も問題ないから。OK、バーイ!」と、右手でOKマークを作り、笑顔で身の潔白をアピールした。しかし、これに捜査当局は激怒しているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング


 ジュリップ氏は、2008~09年に知人男性がバングラデシュの病院で治療を受けたとする虚偽の診療内容明細書などを世田谷区役所に提出し、海外療養費と高額療養費の約87万5,000円を詐取したとして、警視庁に逮捕された。

 同氏は逮捕時に「そんな事実はありませんし、私は100%関係ない」と容疑を否認。地検は「現時点では起訴するに足る証拠がない」としている。

 ジュリップ氏は同日午後7時20分、弁護士を伴って警視庁荻窪警察署の正面玄関から現れ、マスコミに向かって「ローラ頑張ってね。パパ帰るから」と返答。娘をまねて右指でOKマークを作って「問題ないから。OK」と叫び、迎えのタクシーに乗り込んだ。

 この様子を見て、捜査当局が激怒したのは言うまでもない。

「釈放はしたが、今後も捜査は継続する。テレビカメラの前であんなことされたら、警察のメンツは丸潰れ。いずれ尻尾をつかんでやる」とは捜査関係者。

 テレビ画面を見ていた警察官のなかには「あの野郎、ナメやがって!」とブチ切れる者もいたという。そもそもジュリップ氏は、逮捕状が出る前に危険を察知し国外逃亡。日本の捜査員の度重なる説得を無視し、国際手配されても約1年間、出頭を拒み続けた。

 ワイドショー関係者は「世間を騒がせた上に、娘にも迷惑をかけたのだから、あの場では頭を下げて反省の言葉を述べるのが正解。あんなガッツポーズまがいのことをされては、視聴者に不快感を与えてしまう。メッセージを送られたローラも素直には喜べないでしょう」と話す。ノリノリで車に乗り込んだパパとは対照的に、再びローラが騒動を謝罪するハメになりそうだ。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「これ見た瞬間鳥肌がたった…」「全然反省してないじゃん!腹立つ」「日本と日本人を完全にナメてるな」「内心やったぜ!騙すなんてちょろい。日本はいい国だー!!って顔だよね」「ローラもう駄目だ…親子そろって受け付けない」「ローラの敬語とか出来ない常識の無さもこの父親見て納得したわ」「思った以上にチャラい外見の親父でビックリした」「そもそも自分がやましくなかったら、まず最初になんで国外逃亡したんだよ?」などの声が。

国際指名手配までして証拠不十分で起訴できずに保釈とは…。こういうことって普通にあることなんでしょうか?

それにしても、保釈時の態度には驚かされたというか、呆気にとられました。火に油を注ぐようなパフォーマンスは娘のローラさんを余計追い詰めるだけなのに…。そもそも、無実を主張するなら
なぜ逃げ回っていたのでしょう?

任意で捜査はまだ続くわけですが、今後どうなっていくのか気になります。

▼【動画】ローラの父・ジュリップ氏の保釈時映像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

タグ: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に