今年6月、国民健康保険の海外医療費制度を悪用したとして詐欺容疑で国際手配されたローラさん(23)の実父親・ジュリップ容疑者。いまだ逮捕に至っていない。そのジュリップ容疑者は現在、祖国バングラディッシュで普通に生活をしているというのだ。日本の警察が説得しても聞かず、自首をする気がまったくないと捜査関係者が明かしている・・・

THE ROLA!! [ ローラ ]

THE ROLA!! [ ローラ ]
価格:1,400円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

タレントのローラが5日、今年最も美しく輝いた女性に贈られる「2013年ベストビューティストアワード」を受賞し、都内で行われた授賞式に登場した。

ストライプとチェックのワンピース姿で登場したローラは、マイクなしで「ありがとー!」と絶叫。ところが、今年1年の感想について聞かれ「すっごいバタバタいっぱいしていたから、あんまり覚えてないような1年だった。でもすっごく楽しかった」と言い切ると、報道陣はザワザワ……。

ローラといえば今年6月、実父のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者が国民健康保険の海外療養費制度を悪用して不正受給する方法を指南したとして、詐欺容疑で国際手配された。ジュリップ容疑者は警察の捜査を逃れるべく、祖国バングラデシュに逃亡。半年経過した現在も、逮捕に至っていない。

「それどころか、ジュリップ容疑者はバングラデシュで普通に生活しているんです。日本の警察が現地に行って出頭するよう説得するも、本人にまったくソノ気はなし。日本の警察にとっては、赤っ恥以外の何ものでもないですよ」(捜査関係者)

にもかかわらず、ローラはこの1年を「覚えていない」というのだ。これには取材したスポーツ紙記者も「親の犯罪を子どもが背負う必要はまったくないけれど、未解決事件ですからね。もう少し配慮した発言をしてもよかったのでは」と苦言を呈す。

ローラ自身のテレビ仕事の激減が伝えられる中、このまま父親の事件は風化していくのだろうか?(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「ローラは親父と連絡取ってんだろどうせ」「親に1円でも渡してたら逃亡を手伝った共犯だよね」「さすがに逃げっぱなしで子が芸能活動はだめだろ」「パクったのが社会保障費だから 悪質の度合いが違うからな」「みのもんたを叩いてた奴らはローラを擁護するなよ」「ローラがバングラディッシュに行って、親父を説得する企画を放送してくれ」「国際手配なのになんで逮捕できないの?」「K察もやる気なしだな」などの声が。

バングラディシュと日本の間には犯人引き渡し条約がないので、本人に自首する意思がないと逮捕は 難しいようです。
居場所もわかっているのに逮捕できないなんて条約がないとはいえ、情けないですね…。ローラさんが父親を説得したかは分かりませんが、娘でダメなら警察は尚更でしょう。

ジュリップ容疑者に反省の色がまったくないのが非常に腹立たしいです。改心して出頭する日は来るのでしょうか…。

▼ローラの父 ジュリップ容疑者 画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に