ももいろクローバーZが3月7日放送予定の『MUSIC FAIR』でラッツ&スターと共演し、顔を黒く塗った画像が公開された。それに対して、ニューヨークタイムズの田淵広子記者がツイッターで人種差別を問題提起したことが話題になっている。海外にも情報が拡散されているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

BACK TO THE BASIC [ ラッツ&スター ]

BACK TO THE BASIC [ ラッツ&スター ]
価格:2,814円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


発端となったのは、ラッツ&スターの佐藤善雄の2015年2月12日のツイートだった。

「先日のミュージックフェアの収録で、ももクロと黒塗りで共演しました。いったい何を歌うんでしょう?! 3月7日OAです!お楽しみに!!」。 ラッツ&スターとももクロが、揃って顔を黒く塗ってポーズをとっている画像があった。

これに対して、ニューヨークタイムズの田淵広子記者がTwitterで反応。なぜ日本で人種差別についての議論が必要なのかということを示すものであるとして、先述のラッツ&スターとももクロの画像のURLをツイートした。このツイートが各所で反響を呼び、海外の人々も巻き込んで論争に発展。

ラッツ&スターが顔を黒く塗っているのは人種差別の意図があるからではなく、むしろ敬意や憧れの表明であるという反論もあった。しかし、かつてアメリカでは、白色人種の人々が顔を黒く塗って各種のパフォーマンスを披露した「ミンストレル・ショー」が、有色人種への差別と認識された歴史があるとの指摘もなされている。

また、ラッツ&スターが一世を風靡した時代と比べて、人権問題などをめぐる社会状況が大きく変化したことを挙げ、顔を黒く塗ることは今や不適切ではないかという意見もある。

さらに田淵記者は、金髪に高い付け鼻という格好が差別問題に発展したANAのCMに言及。アジア人が白色人種を真似た場合にも、多くの人々が否定的に反応するはずだと論じた。

当サイトでは、「MUSIC FAIR」を放送するフジテレビの広報部に連絡を取った。番組を担当する広報の社員が不在ということもあり、今回の騒動については把握していなかったそうだ。その時点までの状況と主な論点を伝えたところ、問題視された企画の放送日程等も含めて、詳細を確認するとのことだった。

ラッツ&スターのレコードレーベルであるエピックレコードジャパンへの取材も試みたが、呼び出し音が数回鳴った後にファックスに切り替わってしまい、連絡がつかなかった。 (以上探偵ウォッチ)


ネットでは、「モモクロは黒人の真似じゃなくてラッツ&スターの真似をしてるんだよ」「黒人の人がいい気分しないのは間違いないでしょ」「顔を黒く塗ったぐらいで人種差別って考え方に行き着く人の方がよっぽど差別してると思うけど」「じゃ白塗りは白人差別してる事になるの?バカ殿はあれ白人差別なの?」「日本人は日本人の感覚で黒人をリスペクトしてると思う」 「どう考えても、こういう日本の一部のことをわざわざ大事にして拡散してる記者が悪質」などの声が。

これがダメならガングロメイクや金髪も人種差別になってしまうのでしょうか。難しいですね…。

黒人が何も知らずに黒塗りのラッツ&スターを見たら侮辱されていると思うでしょうし、今は差別的な意味合いがなくても他人種の身体的な特徴を誇張して真似することは問答無用で差別になる時代ですから、もっと敏感にならないといけないのかもしれませんね…。

▼アメリカ人研究員 「ラッツ&スター」のものまねは、罪のないパフォーマンスといえるのか▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

▼ラッツ&スター共演のももクロ 顔黒く塗った画像▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に