ミキティこと、元モー娘。でタレントの藤本美貴がイメージキャラクターを務める焼肉店『炭火焼肉・ホルモン美貴亭』藤沢街道大和店で食中毒が発生した問題について運営会社は、「藤本さんの名前を借りただけ」と説明した。藤本の所属事務所も「運営には一切関与しておりません」と強調しており、“ミキティ考案”とうたったメニューなどが、実際はウソだったことが明らかとなった…

 【中古】アイドルDVD 藤本美貴/アロハロ! 【...

藤本美貴/アロハロ! 【…
価格:210円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

運営会社「ももじろうグループ」は同社と「美貴亭」のホームページで「お客さま、関係者並びに藤本美貴さんおよび所属事務所に対し、多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを心よりおわび申し上げます」と謝罪した。

「美貴亭」は藤本の誕生日である昨年2月26日、横浜市に1号店がオープン。同社によると、著名人の名前を冠した焼き肉店の出店を企画し、関係者を通じて藤本の所属事務所を紹介され、藤本がイメージキャラクターに決まった。同社は本紙の取材に「売り上げの何%かが所属事務所に支払われる契約。名前を借りただけで、藤本さんは運営には関わっていない」と説明した。

メニューには「ミキティ考案」とうたった商品もあったが「実際は会社が考案したもの。藤本さんが考えたわけではない」と明かした。1号店がオープンする際、藤本がスタッフ用の「かわいいユニホーム」を考案したなどと店のホームページで紹介されていたが、こちらも「会社が考えた」と話した。

藤本の所属事務所は「藤本美貴の名称等の使用を許諾したものであり、 弊社および藤本美貴は、運営には一切関与しておりません」と説明。「食中毒の原因を調査中なので、運営会社と今後の名称等の使用についてはまだ協議していない」とした。

ももじろうグループや神奈川県によると、食中毒になった県立高校3年の生徒たちは5月31日午後6時ごろ、体育イベント後の打ち上げで男女29人で来店。食べ放題コース(1人1980円、制限2時間)でハラミやカルビなどを食べて16人が腹痛を訴え、うち女子生徒3人が入院した。

県の保健福祉事務所が今月6日に同店に連絡。食品衛生法に基づき8日から無期限の営業禁止処分とした。神奈川県と埼玉県にあるほかの3店舗も営業停止となった。(以上Sponichi Annex)


ネットでは、「突然言い訳がましいな」「名義貸しは良いとして藤本考案とかそれは客騙してるから詐欺だろ」「こういう形態芸能人の店なら名前貸してるだけなんてみんな知ってるのに」「ビストロスマップのメニューをSMAPが考えてるって思ってる人いそうだな」「あれ?一晩ねたらプロデュース→イメージキャラクターになってる」「名前貸してお金頂いているんだから、ノーリスクってことはないでしょう」などの声が。

堂々と虚偽を認めるのも珍しいですね。ミキティ考案のメニューを目当てに行ったファンも少なからずいたでしょうから、「名前を貸しただけ」ではちょっと、無責任では…。

食中毒に関しては責任は無いと思いますが、虚偽広告についてはきちんと説明する必要があると思います。今後の事務所の対応はどうなるのでしょうか。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に