お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さん(35)の小説『火花』が16日、第153回芥川賞(日本文学振興会主催)を受賞した。お笑いタレントの同賞受賞は初めての快挙となる。又吉さんは同日、東京・帝国ホテルで会見し「すごいびっくりしたんですけど、とにかくうれしいです。ありがとうございました」と受賞の喜びを語った…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

火花 [ 又吉直樹 ]

火花 [ 又吉直樹 ]
価格:1,296円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 会場は、30台以上のテレビカメラと200人以上の取材者、スチルカメラで扉が閉まらない状態。注目度も高さをうかがわせた。金びょうぶを背にした記者会見に「うそみたいな感じ。こんなに緊張することないですね。似合ってますかね」。お笑い界初の快挙に「プロの作家さんがちゃんと偏見なしに扱っていただけて、うれしい」と話した。

 大好きな太宰治も手にできなかった芥川賞を受賞し「テレビで『太宰が好き』とか勝手に言うたびに申し訳なくて、そのたびに三鷹にお墓参りに行っている。今年も2回、3回行った」と変わらぬ尊敬ぶりを語った。太宰にあこがれて文学に取り組んだ自分のように、又吉にあこがれて作家を目指す若者も出てくるのでは、との質問に「その責任はみんなで背負って」と笑った。

 お笑いの仲間たちから「先生」と呼ばれることについて「本気で呼ぼうとしているのは相方の綾部だけなので安心している」。綾部からのお祝いの言葉について「コメントはくださったみたい」と語ると「なんで敬語になってしまったんだろう」と苦笑い。会場を見渡し「今、誰も笑ってませんけど」と、お笑いタレントの一面をのぞかせていた。(以上日刊スポーツ)


ネットでは、「リアルにマジか!って声出たわwwwwww又吉おめでとう!!」「又吉のってそんなに凄いんだ 相方と差ついたなw」「芥川賞はすごい! おめでとうございます! 水嶋ヒロの時は胡散臭かったけど(笑)」「又吉さんは嫌いとかそんなんじゃないけど。なんとなく、話題性ありきの出来レース的な雰囲気を感じる」「受賞した又吉はあっぱれだけど、最近話題性のある人に受賞させるようになった感があるのも否定できないよな」「純文学を盛り上げるための起爆剤的な意味での受賞かもしれないが芥川賞凄いよね」「受賞第一作がプレッシャーになって大変そう まあ他の受賞者だって、受賞後碌なの書いてないんだから、気楽にやればいいんだが」「又吉おめ 太宰治先生は喜ばずあの世で嫉妬してるとおもうよw」などの声が。

テレビで速報が出た時には何事かと驚きましたが、本当にすごいですね!

処女作が芥川賞受賞というのは次回作へのプレッシャーにもなるとは思いますが、やはり期待せずにはいられませんね。これからも芸人と作家の両立、頑張って欲しいです。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に