笑っていいとも!』(フジテレビ系)の後継番組である『バイキング』が1日にスタートし、EXILETAKAHIROさんがMCを務めた初回放送の平均視聴率が6.3%だったことが分かった。気になる視聴者の反応だが、ネット上では「面白くない」「つまらない」「新鮮味のない内容にがっかり」といった落胆の声が多く、先行きの不安なスタートとなったようだ…

Love Story(CD+DVD) [ EXILE TAKAHIRO ]

Love Story(CD+DVD) [ EXILE TAKAHIRO ]
価格:1,625円(税5%込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 同番組は同局バラエティ班が手掛ける“ためになって笑える生活情報バラエティ番組”。各曜日別にテーマを設け、月曜MCに坂上忍、火曜MCにEXILE・TAKAHIROと NAOTO(週替わり)、水曜MCにおぎやはぎ、木曜MCにフットボールアワー、金曜MCに雨上がり決死隊と、曜日ごとに異なるMCが登場。進行は局アナの伊藤利尋と加藤綾子が担当し、さらに曜日別レギュラーのほか、週別レギュラーも存在するという。

「出演者の特徴として、ジャニーズ所属タレントが出ないことが挙げられる。理由は、裏番組の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に関ジャニ∞のメンバーが出ていることよりも、ジャニーズのライバルであるLDHの色が濃いからでしょう」(芸能ライター)

 LDHとは、EXILEの所属事務所。『バイキング』にはTAKAHIROやNAOTOのほか、同事務所のGENERATIONS・関口メンディーや、E-girlsのAmiもレギュラー出演する。そのため、ジャニーズが寄り付かない番組となったようだ。

 初回放送の火曜日は、TAKAHIROのほか、江角マキコ、友近、小籔千豊、平成ノブシコブシ、すみれ、“ビッグダディ”こと林下清志、加藤アナが出演。ネットの検索急上昇ワードを紹介するコーナー「Yahoo!検索ワードバイキング」では、話題の「ソーセージパン男子」 や、ふなっしーの期間限定イベント「ふなっしーランド」などを取り上げた。

 また、TAKAHIROと小藪のロケVTRコーナーでは、注文から猛スピードで商品が出てくる“スピードランチ”を紹介。今回は、注文から30秒で牛かつ定食が出てくる、東京・新橋の洋食店を紹介した。

 さらに、『いいとも』の「曜日対抗いいともCUP」を彷彿とさせる「曜日対抗!カラオケバイキング」というコーナーも。毎日出演者がカラオケで懐メロを歌い、曜日対抗で点数を競うといい、この日はすみれが、小泉今日子の「渚のはいから人魚」を歌った。

 ほかにも、江角がおすすめ品を紹介する「江角のキラキラワード」や、レギュラー陣がプライベート写真を紹介する「LINEトーキング」などを放送。フジらしいバラエティ色は強めだったが、“生活情報バラエティ”をうたうには、少々物足りない印象だった。

 ネットの反応をうかがうと、視聴者の意見は真っ二つ。EXILEファンが「TAKAHIROカッコいい!」「TAKAHIROはなんで もできて天才だね!」などと賛辞を送る一方で、「これなら『ヒルナンデス!』見るよ」「新鮮さのない内容にがっかり」「ネットに頼りきった情報なんて、ネット見れば済む」「食レポが牛かつ屋一軒とかありえない」「長寿番組をやめてまでフジがしたかったことって、これ?」といった厳しい声も目立った。

TAKAHIROは終始、さわやかに番組を進行し、時に『(初回が自分の曜日だと)知った時から、おなか壊し気味で、便が緩めです』『ふなっしーって、どれくらい稼いでるんですかね? 夏場はとにかく臭いんですよ』などと思わぬ発言も飛び出し、サービス精神も旺盛。そんなTAKAHIROに、視聴者からは『TAKAHIROって、面白い人なんだ!』『意外とMCうまいな』と賛辞も多いようですが、企画に対しては『目新しさがない』『悪い意味でフジっぽい』と批判も目立つ。初回は、コーナー数ばかりが多く、慌ただしいばかりで一つひとつが薄っぺらい印象でした」(同)

 今週は、関口メンディーが佐渡島でダイオウイカを捕獲する企画や、『はなまるマーケット』(TBS系)のレギュラーだった岡江久美子と薬丸裕英が街ブラをする企画、小林麻耶が大家族と暮らす企画などが放送されるというが、“お昼の番組”として定着することはできるだろうか?(以上日刊サイゾー)


新鮮味がなく、どこかで見たことのある企画ばかりといった印象でした。ヒルナンデスの二番煎じのようで、もっと他局と差別化した内容になるのではと期待していただけに残念です。ネットの反応も極めて厳しいものばかりで、反応が良いのはEXILEファンだけのような…。

放送時間が正午開始になったテレビ朝日の『徹子の部屋』の視聴率が4.8%と、初日はバイキングに軍配が上がったそうですが、視聴者の反応を見る限り、今回の視聴率だけではフジはまったく安心できないでしょうね…。番組の内容的に、『ヒルナンデス』の視聴者を取り込めるかがこの先のカギとなりそうです。

『ヒルナンデス』も始まった当初は絶不調で打ち切り必至と散々言われてましたし、新番組は大抵手探り状態でのスタートですから、もう少し温かい目で見守っていきたいところですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に