デヴィ夫人(73)がTBSのバラエティ番組『奥様はモンスター2』の収録中に一般女性を平手打ちした問題で、その平手打ちされた相手の被害女性A子さん(33)が水野真紀さんの夫、後藤田正純代議士(44)の不倫相手として過去にフライデーされた女性であると30日発売の『週刊文春』が報じている。また、同番組のヤラセも発覚した・・・

デヴィ夫人のスラスラ...

デヴィ夫人のスラスラ…
価格:1,050円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


後藤田代議士は「フライデー」(2011年6月17日号)で銀座ホステスとの濃厚なキス現場&議員宿舎への「お持ち帰り」を報じられた。この銀座ホステスがA子さんだったのだ。

 今回、A子さんは同番組に「夫を酷使する女王妻」の役で出演。

 番組関係者によると、担当ディレクターは収録前、A子さんに足の組み方まで細かく指示し、「やりすぎるくらいでいいから、女王様を演じて下さい」「とくにデヴィ夫人への絡みは面白くなるから、よろしく」と、デヴィ夫人を挑発するように煽っていた。

さらに、A子さんの「夫」として出演した男性は、実際はA子さんとは婚姻関係がないことも、関係者の証言で明らかになった。

 TBSは本誌の取材に対して「番組制作の過程については、従来よりお答えしておりません」としか回答していない。(以上週刊文春WEB)



そして、デヴィ夫人を怒らせた被害女性のタブーなひと言が明らかになりました。

“事件”は1月9日、TBSのバラエティー番組「奥様はモンスター2」の収録中に起こった。最初に登場したのはAさんの夫。「嫁にアイスを買いにいかされる」などと、鬼嫁ぶりを嘆いたという。そして、Aさんがスタジオに現れる。夫を冷遇する理由を聞かれたAさんは「もう離婚したい」と激白。しかし夫は「好きだから別れたくない」と懇願した。ここまでは進行通りだったという。

「だんなさんはマジメそうで、奥さんは派手でかわいいタイプ。奥さんは六本木でホステスをしているとのことでした。結構気の強いタイプの女性に見えました」(番組関係者)

 ここからデヴィ夫人が絡み始めたという。

「あなたが働いているのはキャバクラ?それともクラブ?どっちなの?」とジャブ。Aさんは、「クラブです。でも、デヴィさんだって一緒ですよね。私もデヴィさんみたいに玉の輿に乗りたいですよ」と、パンチを返した。するとデヴィ夫人は、「私は玉の輿ではありませんから」と応戦。Aさんも一歩も引かない。

「でも『デヴィ夫人』としてお仕事されていますよね」

 このあたりからデヴィ夫人がイラ立ち始めたという。「私は自分の力で仕事をしている」と強調するデヴィ夫人に対して、Aさんも「デヴィ夫人という名前でテレビに出ている」と譲らない。デヴィ夫人が席を立とうとし、周囲がなだめる一幕もあったという。その後、お笑い芸人が場を和ませようとしても、デヴィ夫人の腹の虫はおさまらなかった。

「プロデューサーを呼んでちょうだい」とひとこと。そして、「あなたがこんなことを言わせているんでしょ」と詰問した。プロデューサーが「やらせてません」と言うと、堪忍袋の緒が切れたのか、ツカツカとAさんに歩み寄り、平手打ちを3発見舞ったという。デヴィ夫人はそのまま立ち去り、スタジオは凍りついた――というのが真相のようだ。(以上dot.)


▼デヴィ夫人平手打ち相手女性 顔写真▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

TBSのヤラセに被害女性の過去の不倫、既婚の偽りなど、デヴィ夫人が平手打ちしなければ明かるみは出なかったことが次々に発覚していますね…。
この騒動で一番の被害者は夫の不倫スキャンダルを蒸し返された水野さんでしょう。

同誌には他にも、示談金200万円の一部をTBSが払ったと報じています。被害女性の一人勝ちでしょうか!?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に