2003年に『なんでだろう~♪』のギャグで大ブレイクを果たし、新語・流行語大賞を受賞したお笑いコンビの“テツandトモ”。そのテツandトモが「営業」イベントで引っ張りだこだという。しかも、ブレイク時代より儲けているとか…

 【中古】邦楽CD テツandトモ/テツandトモの「マ...

テツandトモ/テツandトモの「マ…
価格:83円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

『流行語大賞を取る芸人は一発屋になりやすい』というジンクスにもハマり(!?)、翌年から徐々にテレビ露出が減っていった。テレビに出なくなると、世間からはすぐに“消えた芸人”扱いされるが、テツandトモはいまだに「営業」(地方のイベント等への出演)で大人気だという。

芸能事務所関係者が語る。

テレビで大ブレイクしていた頃よりも、儲かっていると聞いています。営業はテレビ出演よりも単価が高いですからね。彼らがテレビに出なくなったのも、芸がつまらなくなったからではなく、単に局がオファーし過ぎて露出過多になってしまっただけ。それで局が『飽きられた』と勝手に判断したのです。

 とはいえ、別にネタの質は衰えていない。また、『なんでだろう?』と、日常でみんなが疑問に思っていることを笑いにしているので、間口も広く、営業向きなんです。お年寄りから子供までウケる。とにかく、間が持つんですね」

 さらに、テツandトモならではの、「営業で戦える武器」もあるという。

赤ジャージと青ジャージという分かりやすさも、彼らを支えています。テレビに出なくなると、『あの人誰だっけ?』となりがちです。しかし、彼らは衣装が特徴的で、ほかにそのような格好をする人がいないため、ブレイクから年数が経っても、覚えられているのです。これが普通の格好だったら、営業で引っ張りだこになることはなかったでしょう」(同前)(以上NEWSポストセブン)


ネットでは、「落ち目のテレビ業界より、こういった地方営業の方がこの先生き残るには良いのかもね」 「音楽(歌)と無駄に派手な動きと時事・社会・生活ネタの組み合わせだから、 強烈にわかりやすく楽しめるんだよな」「芸人で大事なのは印象ということだな 」「人柄がよさそう。地元にきたら握手したい雰囲気ある」「エスパー伊藤ですら年収2000万って言ってたからな」などの声が。

今でもNHKで見かけることはありますが、ブレイクしていた頃と比べてテレビの露出はめっきり減りましたね。まさか、営業で大忙しだったとは!
テツandトモは歌も上手いですし、間が持つというのはすごく分かります。自分たちのスタイルを確立するのは大切ですね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に