12月19日にフジテレビ系で「HEY!HEY!HEY!生放送みんな元気になるXmasスペシャル」が放送された。
K-POPアーティストが多く出演することで知られる同番組は、以前から韓国に偏り過ぎだとネットで非難の声が出ていた。この日もKARAや東方神起といった人気K-POP歌手が出演する中、少女時代が登場。すると、司会のダウンタウン浜田雅功(48)が「何を言っているのか分からない」と発言し、番組内が凍りつく事態となった・・・
少女時代到来 ~来日記念盤~ New Beginning of Girls' Generation [DVD]
詳細は⇒ブログランキング


「少女時代」が華麗なパフォーマンスを披露した後に、浜田さんは気が抜けたような表情でこう言ったのだ。
「なんかぁ、長かったね」

確かに、直前に出演したJ-POP「いきものがかり」の演奏時間は約3分で、「少女時代」は約4分だった。相方の松本人志さんは浜田さんの発言に対し、

「なんでこんなに押しちゃったんですかねぇ?」 とボケてみせると、

いや、途中で色々しゃべってますしね。これ、曲はいいんですけど、こうやって見てたら、何を言っているのか、ボイスフォローがないとよくわからない」と説明した。「しゃべってる」というのは、少女時代の曲にある日本語のラップを指すとみられる。

浜田さんの発言は番組の雰囲気を一変させてしまった。
「ダウンタウン」の後ろに座っていた大勢の出演者達もシーンとなった。
アイドルグループ「AKB48」のメンバーにも少々緊張が走ったようだった。

「うわっ、言っちゃた」「マズイよね?」とでもいいたげな苦笑を漏らすメンバーもいた。松本さんが、「(今の発言であなたは)どうしたいんですか!?」とたずねると、「しらない」と答え、会場の緊張がほぐれて爆笑となった。

ネットでは現在も韓流ゴリ押し、韓流偏向報道のフジテレビに対する批判は継続している。 浜田さんの発言は大きな話題になり、

「これ本物だ。浜田おもろすぎるw」
「浜田カッコイイなー。オレこんなこと言う勇気ないよ」
「よく言った!!!!さすがハマちゃん!」


などと大騒ぎになった。一方で、浜田さんは通常通りに出演者を弄っているだけという見方も出ている。日本人の出演者に対し同じことをしても何の問題にもならない、とし

やばいのは浜田じゃなくて、この発言で凍りつく芸能界の空気だろ
「本当にみんな韓国を批判するの怖いんだな」

などという意見も出ている。また、今回の発言で浜田さんの芸能界での立場が危うくなるのではないか、という心配も出ているが、こうしたキャラなのは誰でも知っているし、あれだけの大物芸能人だから大丈夫だろう、というのが大方の見方になっている。
以上J-CASTニュース


▼ダウンタウン浜田HEY!HEY!HEY!での少女時代に対する発言動画は必見!▼
GeinouRanking GeinouReading GeinouRanking GeinouRanking GeinouReading

ネチズンと呼ばれる韓国のネットユーザーからは怒りの声が上がっています。

映像を見たネチズンはほとんどが日本の番組の進行者を非難している。進行者を擁護するコメントはほとんどが日本国内の反韓ネチズンだ。

映像に接したネチズンは
「少女時代がこのような扱いまで受けているのに、にこにこ笑っているから日本人たちが見くびるのか…私はいらいらする」

「正気ではない、韓国語で歌えば日本語を習って日本進出しろと非難するのに」

今後日本の歌手が我が国に来た時、どれくらい発音が上手いのか見ましょう。パッチム
の発音が出来なければ途方もなく非難するだろう


「現地化戦略で日本語で歌うことは必要だが、このような扱いを受けるところでは最初からコンサート費用いっぱい貰って3時間の間韓国語の歌だけ歌って後頭部を殴ってしまえば
どうだ」

などの非難を浴びせた。(以上NEWSEN



浜田さんって大御所に対しても遠慮なく突っ込んだりするタイプで、お世辞を言ったり持ち上げたりするより毒を吐いて番組を盛り上げていく芸風?ですよね。

フジテレビ泣かせの発言ではありましたがネットでは高評価だったようです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に