セカオワことSEKAI NO OWARIのメンバーでピアノ担当のSaoriさん(藤崎彩織・28)に熱愛が発覚した。お相手はイケメン俳優の池田大さん(29)で、すでに交際は2年以上になるという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

RPG [ SEKAI NO OWARI ]

RPG [ SEKAI NO OWARI ]
価格:1,245円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



3月4日の午後8時前、東京・蒲田駅前にSEKAI NO OWARIのSaori(28)の姿があった。彼女がキーボードを務める “セカオワ”は、昨年の紅白に初出場した大人気バンド。新曲『Dragon Night』は、その歌い方が“ドラゲナイ”に聴こえるとネットでも流行語となった。この日の彼女はマスクで顔を隠しているが、トレードマークの金髪が目を引く。駅を出ると、待っていた男性の元へ。相手は、イケメン俳優・池田大(29)だった。

「11年にデビューした池田くんは、13年にドラマ『安堂ロイド』や映画『きいろいゾウ』に出演。今年も映画『マエストロ!』で熱演しています。向井理さんと事務所もマネージャーも同じで“ポスト向井”と期待されています。実は、2人は付き合っているんです。交際は2年以上で、セカオワのメンバーも“公認の仲”ですよ」(芸能関係者)

 笑顔で言葉を交わした2人は、人気の寿司ダイニングへ。店の前で関係者らしき男女4人と合流して中に入った。一行が出てきたのは午後11時すぎ。揃って蒲田駅に戻ったが、Saoriと池田だけは別方向の電車へ。車内では2人の会話も自然に聞こえるほどで、密着度も高い。つり革を握るお揃いのハンドウォーマーが、親密ぶりを物語っている。

その後、2人が向かったのはメンバーが共同生活を送る“セカオワハウス”だった。最寄駅から歩く最中、人目を気にして距離をとる。Saoriが携帯を見て『みんな待っているって』『ワインはあるから、あとは……』とつぶやく。直前には、ボーカルFukase(29)と交際中のきゃりーぱみゅぱみゅ(22)がセカオワハウスからコンビニへ走る姿も。Saoriと池田は、そのまま“絆の館”へ。そしてこの日、池田が再び出てくることはなかった。

「2人は、互いの家に通い合う生活を送っているそうです。昨年末にセカオワが紅白とカウントダウンTVに出演した後も、池田くんと新年を祝ったそうです」(音楽関係者)

 実は、本誌は昨年2月にも2人を目撃していた。渋谷で深夜まで飲んだ後、大通りへ歩いていく。自転車を押す池田に、寄り添うSaori。そして別れ際には熱いキスを……。当時は男性の正体を掴めかったが、今回見た池田こそ間違いなくあの“路チュー”男性だった。

当時はタクシーでセカオワハウスへとひとり帰ったSaoriだが、その後も“絆の館”に泊めるほど愛を育んできたのだ。そんな熱い“ドラゲナイ”が、2人の活躍の原動力になっているようだ――。(以上女性自身)


ネットでは、「えっ深瀬じゃないの?(笑)」「なぜ芸能人は路チューするのか、いつも不思議に思う」「池田さんは自分の彼女が他の男3人と共同生活してるしてる事実をどう思っているんだろう?」「これ彼氏側のリークじゃないかなぁ。マエストロ見たけどどの役だったかもまったく分からないくらいだし。知名度上がるといいですねぇ」「まんまとサオリに騙された。。フカセを本命と見せかけて。。 セカオワ売名行為だね。。」「セカオワハウスのオワリも近いな もう別々に暮らしたほうが良くない?」などの声が。

saoriさんはボーカル・Fukaseさんの元カノですが、Fukaseさんがきゃりーさんと交際中にも関わらず、2人がライブ中にイチャついたり、saoriさんがツイッターでFukaseさんに対する思わせぶりな発言をするなど、ファンの間では三角関係疑惑がささやかれていました。なので、saoriさんには2年以上も交際している彼がいたとは驚きですね。

それにしても、メンバーに恋人が出来てもセカオワハウスでの共同生活が続いているっていうのはメンバーの絆の強さを感じますね。

▼セカオワSaori熱愛相手 俳優池田大【画像】▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に