2月1日に発売が予定されていたTOKIOのニューシングル「KIBOU」が急遽発売中止になったことが発表された。「KIBOU」は現在、TOKIOのメンバーが出演中のヤマト運輸のCMソングとしてすでに放送されている。この異例の事態にネットでは様々な憶測が広がっている・・・
宙船/do!do!do!
詳細は⇒ブログランキング

希望というタイトルなのに中止って……」「発売延期ではなく中止?」「TOKIOの扱いがひどい」とファンの間では困惑の声があがっている。

ジャニーズ事務所公式サイト「Johnny’s net」、レコード会社「J Storm」には発売中止のお知らせとして「諸般の事情により発売を中止させていただく事となりました。既にご予約を頂戴したお客様をはじめ、販売店様、関係者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。」という文面が掲載されているのみ。

「山口達也が昨年8月末に運転免許証が失効していた状態で車を運転し、警察から取り締まりを受けていたという騒動がありました。その際に『ヤマト運輸とのCM契約も危ないのでは……』とささやかれていましたが、結局TOKIOとの契約は続行することになり一件落着。今回もヤマト運輸のCM曲ではありますが、この件とは無関係でしょう。作曲や作詞サイドとの契約のこじれなのか、売り上げ面での都合なのか、いずれにせよ相当な理由があるはず」(ジャニーズに詳しい記者)

TOKIOは昨年9月に約5年振りのリリースとなったライブDVD『OVER/PLUS』を発売している。ほぼ毎年DVDが発売されるグループが多いなか、5年振りというのはレアケースと言えるだろう。それでも根強く待っているファンが多いなかでのシングル発売中止の事態。ファンの納得のいく理由は今後明らかになるのだろうか。(以上サイゾーウーマン


ネットでは、「これから不祥事が発覚とか?」「盗作の疑いだな」「発売延期じゃなくて中止って珍しい」「1位とれそうな週だったのに」「久しぶりに良い曲だなって思ってCD出たら買う気満々だったのに」「ジャニのお家芸の圧力が効かないんだから、よっぽどのことだろうな」などの声が。

すでにCDやPV、ポスターなども完成しているでしょうし、このタイミングで延期ではなく中止にするというのは相当な理由があったからだと思います。考えられるとすれば盗作くらいでしょうか・・・。
それくらいでなければ中止ほどの決断はしないでしょう。

今後、事務所から何らかの説明がなされると思いますが、このままでは変な憶測が立つばかりで、TOKIOの個々のメンバーにも影響が出るでしょうから、ジャニーズ事務所には早急なファンへの対応が求められることになりそうです。理由がとても気になりますね。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に