宮崎あおい(26)と高岡蒼佑(29)が28日に離婚したことをマスコミに報告した。
9月から別居し、11月に宮崎が署名と押印した離婚届を高岡側に送り、高岡は今月に入って署名と押印して宮崎側に返送。高岡は20日放送のテレビ番組で「年内に決着させると思います」と年内離婚を明言していた。

ところが離婚直前、「東京スポーツ」「週刊文春」がほぼ同時に、宮崎がV6・岡田准一不倫関係にあるという記事を掲載したのだ。
まさに終結を迎えようとする矢先の出来事。それだけに業界内ではさまざまな噂が飛び交っている・・・
LOVE GUN
詳細は⇒ブログランキング


「週刊文春」の記事は、高岡の個人事務所の元社員が証言する形で離婚騒動の裏側を解説している。

Twitter発言後に宮崎が一方的に家を出ていったこと、唐突に「離婚してください」とのメールが届いたこと。そしてその後、高岡が宮崎と顔を合わせて話ができたのはたった2回だけだったという。そして高岡は宮崎の携帯電話の明細を元に、特定の番号と頻繁なやり取りが行われていることを確認。

決して名乗ることをしなかったその電話番号の相手に「会って話をしよう」という高岡の提案を受け、12月6日に都内の会員制バーに現れたのが岡田だった。怒る高岡に岡田は「(責任を取って)芸能界を引退します」と謝罪したという。

一方で「東スポ」では、ふたりをよく知る業界関係者が「文春」と同じく、高岡の立場に立った論調でコメントをしている。高岡が岡田にたどり着いたのは知人の証言が元だった、岡田は高岡に「坊主にします」と謝罪した、と内容に微妙な違いはあるものの、観念した岡田が高岡に見せた宮崎とのメールに「また一緒に(温泉に)入ろう」という衝撃的な内容が含まれていたなど、大筋では変わらない内容と考えていいだろう。

「内容もそうですが、両方の記事が出た時期を考えてネタ元は同一人物でしょう。高岡は家を出ていった宮崎を探すため、自ら週刊誌記者に連絡をして現住所を尋ねていたという話もあります。

このネタ元は高岡に相当近しい人物、あるいは高岡本人の可能性も。高岡だけが悪者になっている展開に、宮崎の不倫が不問のままで終わってしまうのが許せなかったのでしょう」(週刊誌記者)

マスコミ先行でスキャンダル合戦が行われているこの騒動。それでもこれまでつながりを絶つことができなかったふたりについて、こんな証言も。

「昨年、とある撮影現場で宮崎さんが号泣していたんです。周囲が心配して声をかけると「今朝顔を叩かれて、携帯折られちゃった」と高岡さんの暴力を告白しました。その後、事務所の人からかん口令が敷かれていましたが、現場スタッフに「本当にDVされてるんだね」と衝撃が走りましたよ」(TV局関係者)

しかし、翌日には宮崎はスッキリとした表情で現場入り。宮崎と話をした関係者によると、高岡はその後ウソのように優しく振る舞うようになり、暴力についても全面的に謝罪を行ったという。

実は、宮崎の不倫については1年以上前からマスコミ内ではささやかれていた。その相手は、宮崎がCM出演する「アースミュージック&エコロジー」で知られる「クロスカンパニー」社長のI氏、宮崎と高岡の共通の知人である人気俳優など、さまざまな人物の実名が挙げられていたほど。しかし、岡田については「Twitter事件以降、宮崎の張り込みを行っていたマスコミは数多く、そんな最中に岡田ほどの有名人と密会していたとあれば確実に気付かれるはず」(別の週刊誌記者)と”ガセ説”も飛び交っているのが現状だ。

「翌日のスポーツ紙やワイドショーも、大手プロダクションが絡む案件だけに完全黙殺でアンタッチャブルな状態。各プロダクションがリアクションを起こさなければこのまま”なかったこと”になってしまう展開です」(別の週刊誌記者)(以上サイゾーウーマン


今回の宮崎さんの不倫騒動、本当に密会していたらマスコミにすぐバレそうな気もしますね。デマと言われれば確かに嘘くさくも感じます。

しかし、それならば岡田さんは完全な被害者で、そもそもなぜ岡田さんなんでしょうか。
ジャーニーズ事務所も本人に事実確認くらいは行っていると思いますし、もし事実無根となれば公式で強く否定しても不思議ではありませんよね。それがなぜか宮崎さんの事務所も岡田さんの事務所も黙ったまま。普通の交際報道ならいいのですが、不倫となるとイメージダウンが大き過ぎますし、心配しているファンのためにも説明くらいあってもいいとおもうのですが・・・。

不倫の有無についてわかりませんが、最終的に泥沼離婚劇になってしまったは事実のようです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に