木村拓哉主演のTBSドラマ『南極大陸』の視聴率低下が止まらない。第1回では
22.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調な滑り出しを見せた同ドラマだったが、
2回目以降の視聴率は急降下を続けており、6日放送の第4回の平均視聴率は
15.8%と過去最低を記録した・・・
詳細は⇒ブログランキング


「テレビ不況といわれる今、普通のドラマなら15%という視聴率は決して悪い
数字ではありません。ただ、スタート前にはTBS局内で『25%超えが目標、
最低でも20%キープは固い』という目算
を出していたんです。担当プロデューサーは
今ごろ、真っ青でしょうね」(ドラマ関係者)

TBS開局60周年記念番組として放送されている『南極大陸』の制作費は20億とも
いわれており、広告宣伝も異例の規模で展開
されている。キャストには木村拓哉と
綾瀬はるか、堺雅人といった手堅い布陣を配し、人気絶頂の子役・芦田愛菜も
出演するなど、TBSとしては「打てる手はすべて打った」(同関係者)というだけに、
この現状は予想外
だったようだ。

「TBSとしては、2007年に同枠でキムタク主演だった『華麗なる一族』が平均
23.9%。また、09年にキムタク&綾瀬コンビが主演し『MR.BRAIN』が平均
20.5%でしたから、今回の想定は決して”大げさ”な数字ではなかったんです。
それだけに、この急激な視聴率低下には慌てているはずですよ。誰もがストーリーを
知っている史実が原作ですし、撮影も終わってますから、よくある『脚本を
いじってテコ入れ』なんてウルトラCも使えませんしね……」
(ドラマライター)

注目の第5回は11月13日に放送予定。このまま視聴率が降下し続ければ、TBSそのものが
『南極大陸』のように凍りついてしまうかも!?(以上日刊サイゾー



総制作費がTBS過去最高の20億円とも言われており、視聴率は20%でも大赤字だといいます。
主役級のキャスト揃いだけに出演料だけでも相当な金額でしょうね。
視聴率低下の原因は様々でしょうが、『南極大陸』という有名なお話は見る前から
ストーリーが分かり切っていて新鮮さを感じられないとの意見があるようです。
しかも最後は犬を置き去りにするシーンが待っていますし、犬好きには耐えられないとも。
実は私もそれがネックで見れらないひとりですが、それ以外にも3月の震災から
まだ傷が癒えていない人も多い中で日曜の夜には重すぎるといった声も・・・。
フジの「まるものおきて」が高視聴率だったことを考えるなおさらそんな気がします。

今からでもテコ入れでどうにか回復を、と思いきやすでに撮影は終了しているそう。
今視聴者が求めるのは家政婦のミタさん?

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に