SMAP・木村拓哉さん(41)主演の人気ドラマ『HERO第3弾ヒロインが、キムタク指名吉高由里子さん(26)に内定したという情報が流れている。“キムタク時代の終焉”が叫ばれていた中、今夏放送された『HERO』第2弾は、平均視聴率21.3%と、夏クールのドラマ視聴率トップ。また現在のところ、今年度のドラマ視聴率トップの座にも輝いているのだが、雲行きは怪しくなっている…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

HERO(2014年7月放送)[ 木村拓哉 ]

HERO(2014年7月放送)[ 木村拓哉 ]
価格:22,842円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング



 昨年放送された『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)では、平均視聴率12.8%という体たらくで、“キムタク時代の終焉”が叫ばれた。そんな中、過去の栄光にすがるように取り組んだのが今夏の『HERO』だったが、11年前の第1弾の平均視聴率34.3%という驚異的な数字に比べると、足元にも及ばない結果となった。それでも、テレビ界全体が低視聴率に苦しむ中、『HERO』で今年度ドラマナンバー1の視聴率を叩き出したというのは、キムタクにとっては、大きな勲章だ。

 しかし、10月にスタートした米倉涼子主演のテレビ朝日の『ドクターX~外科医・大門未知子~』が、すでに5週連続で20%の大台を突破。このままで行くと『ドクターX』が『HERO』を抜いて、年間ドラマ視聴率トップに躍り出る可能性は高い。米倉に唯一の勲章を奪われるのは、キムタクにとっては忸怩たる思いがあるだろう。

 ちなみに、キムタクといえば、ドラマの撮影現場に豪華な差し入れをすることで有名。今回の『HERO』では食べ物のみならず、差し入れを保管する専用の冷蔵庫まで自腹で用意したという逸話があるほどだ。だが、『ドクターX』の米倉は、差し入れでもキムタクに負けていない。5,000円のうな重を番組関係者約110人分差し入れ、さらに1個1万2,000円もする銀座千疋屋の高級メロンを同じ数だけ用意したという。

 高級メロンといえば、ドラマの中で、米倉演じる大門未知子が難手術を終えた後に、岸部一徳演じる神原名医紹介所の所長から病院に対して「メロンです。請求書です」という、お決まりのシーンがある。そのメロンを主演女優がスタッフ全員に付け届けるというシャレが利いた差し入れに一同感激。さらに制作スタッフは、毎回、超ミニをはいている米倉のパンチラを拝めるという恩恵に浴しているだけに、現場の士気は上がる一方のようだ。

 まさに、押されっぱなしのキムタク&『HERO』陣営だが、それでも苦戦続きのフジにとっては数少ない鉄板作品。『HERO』の続編については、フジの亀山千広社長が、10月31日の社長定例会見で「会社的にもあってほしい」と発言したことで、第3弾は決定したようなものといわれている。

それだけに、第2弾の北川景子に代わる、次作でのヒロインが注目されていた。というのも、第1弾でヒロインだった松たか子に比べると、北川は同性や年配ウケしにくいタイプで、視聴率獲得には貢献しなかったという印象が強いからだ。そこで第3弾のヒロインは、一時は堀北真希という情報も流れたが、貪欲に視聴率確保を目指すキムタクの指名で、吉高由里子に内定したという情報が流れている。キムタクの希望ならばと、フジも吉高陣営を口説くのに必死になるだろう。

 確かに米倉の『ドクターX』に勝つには、朝ドラで国民的女優に成長し、今年のNHK紅白歌合戦の司会まで務める吉高のほうが、注目度は高く、お茶の間受けもしやすい。米倉との視聴率戦争に、キムタクと吉高コンビで勝てるか?

今のフジテレビにとっては、数少ない希望のひとつだ。(以上日刊サイゾー)


ネットでは、「え!HEROまたやるの?!」「もうやめた方がいいと思うよ HEROですらコケたらもうキムタクは立ち直れないでしょ」「吉高由里子はなくない? ガリレオでの失敗で懲りたんじゃないのかw」「どうせ朝ドラが好評だったから吉高さんで行こう!みたいな安易な発想でしょ?笑」「相棒と同じで年齢差開いてくな~ 親子に近いじゃん」「木村さんそろそろ悪役に行った方がいいよ。役の幅がなさすぎる。ごろうちゃんの方が演技良いもん」などの声が。

第2弾が好評だったことで木村さんも続編に乗り気のようですね。

ただ、ヒロインが最初の松さんから北川さん、吉高さんへと、どんどん若手になっていくのが少々気になるところです…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に