SMAPのキムタクこと木村拓哉(39)が10月スタートのフジテレビ月9ドラマ「PRICELESS(仮)」で、極貧生活に転落する主人公を演じることがわかった。身に覚えのない罪で会社を追われ無一文となった主人公がさまざまな人と出会い、どん底から前に進んでいくコメディータッチの物語。ヒロインには木村と初共演の香里奈(28)に決定している…

詳細は⇒ブログランキング

木村の月9出演は「月の恋人~Moon Lovers~」以来で約2年ぶり。これまで演じてきた総理大臣や検事、レーシングドライバーなど華やかな役から一変した設定となる。

近くクランクインする予定。史上最多38個のメダルを獲得したロンドン五輪の日本選手からも刺激を受けたようで「五輪では日本の皆さんのチームワークから本当に“PRICELESS”な感動をいただきました。僕もこの作品の共演者、スタッフとともにいいチームを組んで自分たちなりの作品を作り届けたい」と意気込んでいる。

脚本は、同局のドラマ「任侠ヘルパー」などを手掛けた古家和尚さんのオリジナル。大手企業の中間管理職だった主人公が、仕事も家も失い、食べることもままならず炊き出しに並ぶところまで生活が変わる。途方に暮れながらも、さまざまな出会いと自身の前向きな性格で少しずつ前へ進んでいく姿をコメディータッチで描く。

共演は中井貴一(50)、香里奈(28)。頼りない上司役を演じる中井は「急展開のドラマの行く末をしっかり見届けてください」とPR。ヒロインの経理部社員役の香里奈は木村とも中井とも初共演で「緊張していますが、同時にどんな撮影現場になるのかワクワクしています」と張り切っている。(以上スポニチアネックス)


ネットでは、「無一文でも茶髪でしっかりセットされちゃってんのかな」「織田裕二がやってた『お金がない』をアレンジしてリメイクする感じになりそうな気がする」「フジテレビ、リッチだのプアだのと、そういう価値観でしかドラマづくりできないの?」「この設定でキムタクの起用は無理があるなぁ」「極貧だろうが貧乏役だろうが結局はイケメンだもんな」「極貧はブサイクのポジションだよ聖域に入ってくるんじゃない」「内容がおもしろくないと、誰も見ないよ」「批判されながらもドラマするってだけでこんなに注目される木村拓哉はすごい!」等の声が。

キムタクが主演というだけで高視聴率が期待されるのは大きなプレッシャーでしょうね。
去年の「南極大陸」では時代背景に合わな髪型と茶髪で批判の声がありましたが、今回は木村さんの極貧っぷりに注目ですね。二枚目は何をやっても二枚目というのがつらいところではありますが、極貧役で木村さんの新たな一面が表れることに期待したいです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に