キムタクことSMAP木村拓哉母親木村方子さんが雑誌や講演会で“宇宙エネルギー”や“言霊の力”について語るなど、スピリチュアルな世界に心酔しているらしい。一方のキムタクは妻である工藤静香の実家近くに住み、入り婿状態だとか…

詳細は⇒ブログランキング

以前から息子との不仲説や、「スピリチュアルへの傾倒」が指摘されていたキムタクの母親・木村方子さんだが、最近でも精神世界への傾倒はさらに深まっているらしい。今年4月に創刊されたスピリチュアル通販雑誌に登場し「宇宙エネルギー」を熱く語り、現在の肩書きは「一般社団法人ふる里再生協会」の会長さま! 全国を講演で回り、「生命エネルギー」や「言霊」を説いて聞かせる多くの信者がいるという。さらに熊本県内にある幣立神宮というパワースポットに足しげく通う。その道場主である佐藤昭二氏と行動を共にし、かつて「バカヤローと怒鳴ってばかりで、ありがとうも言われない」と不満を募らせていた夫とは長らく別居中らしい。

そして「週女」では道場主である佐藤氏に直撃しているのだが――。
この佐藤氏、なにを言っているのかよくわからない。限界集落対策のため農業をする若者を見つけてくる活動をやっているというが、宗教団体ではなく、宗教性を持つもの。教えるのではなく感じてもらう場所――。おそらく、記者もよくわからなかったが必死でまとめたコメントなのだろう。だがわからない。

そんなワケのわからない「お言葉」を読んでキムタクが気の毒になってきた。親は選べない。いや、息子が嫁に取られたから精神的拠り所を求めてこうなった!?鶏が先か卵が先か。それにしてもキムタクは嫁の工藤静香の実家近くに住み、入り婿状態なのは有名な話だ。息子が有名芸能人になると、親も大変なのかも!?(以上日刊サイゾー)


他にも講演会ではきわどい実験を行い、参加者を驚かせたそうです・・・

「6月後半に都内で行われた講演でのこと。まさ子さんはやたらと『言霊の力』について力説。『いただきます』と3回声をかけた塩と、そのままの塩を味見させ、味見をした人がみんな『声をかけた方がまろやか』と答えると満足げだったという。

ほかにも同じような実験をしたが、自分の納得行く結果が出ずに苦笑していたとか。震災後だけに、放射能問題についても触れ『放射能には味噌が効く』とも力説していたようだ」(同)(以上日刊サイゾー)


▼キムタク母・木村方子さん 写真入り講演会のチラシ▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

何年か前の週刊誌で方子さんが教育についての講演会を開いていたという記事を読みましたが、いつの間にかスピリチュアルな世界にも進出してたんですね。このような母親の活動をキムタクはどう受け取っているのでしょうか。一部では親子の不仲説も出ていますが・・・。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメント

  • キムタクは、なんで母のことが嫌いなの???
    お母さんは、かまって欲しいんだと思うよ。


    2013年4月13日 11:19 PM | おいら

トラックバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に