10月スタート月9ドラマ『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』(フジテレビ系)に主演するSMAPのキムタクこと木村拓哉(39)。昨年主演したドラマ『南極大陸』では思わぬ苦戦を強いられただけに、なんとしても汚名返上したいとことである。
そんな中、キムタクが自宅近くの神社に10万円奉納していたことを発売中の週刊文春が報じている…

【送料無料】開放区...

開放区2 [ 木村拓哉 ]
価格:1,995円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

同誌によると、キムタクは都内の高級住宅街に住んでいるが、そこにある神社の9月の例大祭に毎年奉納金を納めているというが、今年はトップ額の10万円を奉納する太っ腹だったというのだ。

かつては出演ドラマが高視聴率を連発し“視聴率男”と呼ばれていたキムタクだが、このところ、そんな呼び名はすっかり影を潜めている。

「最近のキムタクのドラマは必ずほかのドラマよりも後発でスタートするので放送日がなかなか決まらない。それでも最終回は時期を合わせて放送回数を減らし、平均視聴率を“底上げ”する作戦が見え見えだが、10年の月9『月の恋人』は16.8%、昨年の『南極大陸』は18.0%と普通のドラマなら十分合格点だが、『平均視聴率20%超えがノルマ』とささやかれているキムタクのドラマとしてはいずれも物足りない数字だった」(テレビ関係者)

今回のドラマでは仕事も財産もすべて失った主人公というこれまでにない役どころを演じるが、「検事、社長、レーサー、ピアニスト、刑事、美容師などさまざまな職業を演じてきたキムタクだが、結局、何をやってもキムタク。もはや、企画が枯渇してので、文字通り裸一貫の役しか適役がなくなってしまったようだ」(同)。

タイミング的に見方によっては10万円の奉納が新ドラマヒットのための“神頼み”のような印象を受けるが、果たして、キムタクが身銭を切った御利益はあるのだろうか。(以上リアルライブ)


去年、一昨年は5万円だったそうです。翌月に新ドラマのスタートが控えていたので、ヒット祈願の意味も込めて増額したのかもしれませんね。
今回の月9ドラマは、主人公が無一文になってしまうそうですが、キムタクオーラが消せるのか心配する声がすでに出ています。コメディータッチというのも気になりますね。どんなドラマになっているのか楽しみです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に