オダギリジョー(36)が主演したドラマ『家族のうた』(フジテレビ系)は平均視聴率が3.9%と、テレビ東京を除く、2000年以降にプライム帯(午後7~11時)で放送された民放の連続ドラマとしては、最低記録を更新。ドラマが3話分打ち切りなるなど、踏んだり蹴ったりのオダギリジョーは周囲に、「俺は藤木直人の代役だったのに…」などと恨み節を口にしているらしい…

[CD] 井筒昭雄(音楽)/フジテレビ系ドラマ...

フジテレビ系ドラマ 家族のうた
価格:2,500円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

「親しい人に『彼が主役をやっていれば、こんなことにはならなかったのに……。
あいつが降りて、俺が”代役”をやらされたせいでこんな目に遭った』と、オダジョーは恨み節をこぼしているそうです」(テレビ局関係者)

フジテレビ関係者が、こう語る。

「実は当初、主演は藤木直人さん(39)で予定されていました。藤木さん本人が脚本を読んだ段階で『自分はミュージシャンでもあるので、役でミュージシャンを演じるのは難しい』という理由でオファーを断ったそうです。でも本音は『脚本がつまらない』ということだったそうですね」

藤木が脚本を読んで主演を断ったというドラマの代役を、なぜオダジョーが務めることになったのか?

「オダギリさんの所属事務所では、彼が稼ぎ頭。でも、このところ所属タレントの映画はヒットしないうえにCMの本数まで減っていて、どうしても彼に仕事をしてもらわないといけない台所事情があったんです」(芸能関係者)

本当は映画の仕事がしたいオダジョー。ドラマの出演には、あまり乗り気じゃなかったという。

「ドラマが始まり低視聴率が判明した早い段階で、オダギリさんの事務所もいろいろとテコ入れを画策し、脚本にまで口を出してきたそうです。もともとは、藤木さんが3児のパパを演じることをイメージして書かれた脚本です。キャラが違うオダギリさんが主役を演じるのには、かなりの無理があったと思いますね」(前出・芸能関係者)

一方の藤木は、出演の話を断り脇役として出演したドラマ『三毛猫ホームズの推理』(日本テレビ系)がヒット。『家族のうた』の3倍近い平均12.8%の視聴率で、明暗を分ける形になった。(以上女性自身)


オダギリさんのせいではないのですが、大きな話題にもなりましたし、俳優として不名誉な記録を背負うことになってしまったのですから、ぼやきたくなる気持ちもわかります。
一方、当初主役が予定されていた藤木さんはこの結果に安堵しているでしょうね。主演は少なくても、出るドラマが大当たりすることの多い藤木さんの方が賢い選択をしているのかも…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に