3月7日放送の1000回スペシャルを機に約20年間にわたって『出没!アド街ック天国』(テレビ東京)でMCを務め、4月15日に肺がんで亡くなった相川欽也さん(享年80)に代わり、新MCとして抜擢されたのは、NHK『あさイチ』での司会ぶりが好評のV6・井ノ原快彦さん(38)だった。しかし、その裏で、1001回から1003回まで司会を代行した峰竜太さん(60)は、井ノ原さんの司会抜擢に納得いっていないとの声が業界から出ているという…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

出没!アド街ック天国

出没!アド街ック天国
価格:1,007円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


 峰といえば、同番組の初回放送から出演しており、思い入れも強い。その心の内はいかなるものだろうか。井ノ原の初登場時は「待ってました! よっ!」とエールを峰は送っていた。

峰さんは“代行”の声がかかった時点で、その後、正式に“二代目”になると思い込んでいたみたいなんです。峰さんには番組スタート時から出演している唯一の人間だという自負もありましたから、なおさら“自分が!”という思いが強かったようなんです」(番組関係者)

 今でこそ峰は『アッコにおまかせ!』(TBS系)での和田アキ子(65才)の隣など、“サブ”のイメージが強いが、もともとは『ザ!情報ツウ』(2002年~2006年放送、日本テレビ系)で帯番組のメインMCを務めたことのある名司会者のひとりである。

 15年ほど前に、峰はあるインタビューで司会業について、こんなことを語っていた。

「司会をする人は60才前後の人が多いから、私はまだひよっ子。これからまだまだ人生経験を積んで、自分の色を出したいと思っています。まだ“自分の色はこれだ”というものがわからないんです」

 今まさに60才を超えて、『アド街』で“自分の色を”と峰が考えていたとしても不思議ではない。また、『アド街』の「司会代行」になった際、ネット上には、こんな書き込みが…。

《峰さん後任決定までの繋ぎだって。そのまま継続しそうな予感

峰もおまっとさんて言うのかな

 峰へ期待を寄せる声も少なくなかったため、峰自身の期待値も高かったのだろう。

「峰さんは自分が『アド街』を仕切っていくという自信もあったのでしょう。でも、蓋を開けてみたら“二代目”に白羽の矢が立ったのは井ノ原さんだった…。

 もちろん、今までと立場は変わらないのですから、大きな不満があるわけではないんですけど、一度、テンションを上げてしまった手前、どうしても井ノ原さんへの複雑な思いが拭えないようなんですよ…。

 それが番組での井ノ原さんへの異常な“ヨイショ”“褒め殺し”に繋がっているようなんです」(前出・番組関係者)

 こうして“不穏な関係”となってしまった井ノ原と峰。

『アド街』放送中に、ちょこちょこと出没する妙な空気は、峰が原因だったようだ…。

 とはいえ、キンキンが番組を去った今、峰こそが『アド街』の生き字引であることは周知の事実。イノッチと力を合わせて番組を盛り上げてください、峰さん!(以上NEWSポストセブン)


司会代行の時点では井ノ原さんが新MCだと聞かされていなかったみたいですね。初回から番組を支えてきたという自負もあり、期待が大きかったのかもしれません。

峰さんは司会として申し分なく、新たに井ノ原さんを抜擢する必要があったのか、やや疑問はありますが、新たな視聴者を取り込みたいという番組サイドも思惑があったのかも…。

長年『アド街』のレギュラーを務めている薬丸裕英さんも井ノ原さんに対し、複雑な感情があると報じられています。というのも、薬丸さんが司会を務めてきた『はなまるマーケット』が井ノ原さんが司会の裏番組『あさイチ』の躍進により、視聴率が低迷し、番組終了してしまったからだとか。

しかし、実際は峰さんも薬丸さんも愛川欽也さんが築き上げてきた『アド街』を守っていかなくては、という思いの方が強いようです。

新入りで司会抜擢となり、年上のレギュラー陣を前に居心地の悪さはあるかもしれませんが、番組に対する熱意が伝われば、受け入れてもらえるのでは。徐々に馴染んでいくといいですね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に