タレント・みのもんたさん(69)が5日、 パーソナリティーを務める文化放送の生番組「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」に出演した。次男・御法川雄斗容疑者釈放後初の生放送ということで、同局には大勢の取材陣が集まったが、みのさんは同局に入る際も姿を見せようとせず、出る際にはダミーの車を使い、「隠れみの作戦」を敢行する厳重ぶりで逃げる姿勢を貫いた…
それでも僕は立ち続ける/みのもんた
続きを読む⇒ブログランキング

取材陣を避け続けているみのは、この日も逃げた。

次男の釈放後、初めての公の場となる文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」(土曜午後1時)出演。 同局にはみののコメントを求めて、午前11時ごろからは取材陣約30人が集まった。

同11時34分、みのが乗車したと思われる黒い車が文化放送に到着した。しかし、後部座席に体を伏せていたのか、車中に姿は確認できなかった。 駐車場には、この車を隠すように大型ワゴン車がかぶさり、みのが降車する瞬間をカメラでとらえることも不可能だった。

そんな“隠れみの作戦”は、局を出る際にパワーアップした。 放送終了後の午後3時15分、みのの車が同局駐車場を出発。しかし、車中にみのの姿はなし

乗車の瞬間も大型ワゴン車に遮られており、記者もカメラマンもぼう然とするしかなかった。
「また、逃げられたか…」。そう思い込み、取材陣が引き揚げ始めた同3時50分、みのの車が戻ってきた。そう、35分前に出発した車はダミーで、みのはまだ文化放送に残っていたのだった。

同4時ごろ、みのの車は再び局を出た。 後部座席に最初に出た際はなかった白い毛布が確認された。 すっぽり隠れていたが、毛布の下には人が横たわっているように見える形状が…。みのだったと思われる。その後、同局広報担当が取材陣にみのが同局を離れたことを報告した。

みのは次男の逮捕後、容疑を否認する次男を「信じる」と言ったが、次男は再逮捕後、一転して容疑を認めたとされる。

TBS系「みのもんたの朝ズバッ」など、みのの報道番組出演自粛は継続。TBS内部でも「もう、続投は無理」などの声が上がっており、みのの対応が注目されている。 (以上日刊スポーツ)


ネットでは、「犯罪者ですやん」「お騒がしてすいませんねと堂々としていりゃいいのに」「そこまでしてしがみつきたいものかねw」「親の顔がみてみたい、責任者出てこい!ってテレビで言ってたくせに自分は雲隠れですか?」「言ってることと実際にやってることが真逆の典型例」「身から出た錆とはまさにこのことだよなぁ…」「とりあえず、コソコソすんなよみっともない」などの声が。

次男の窃盗の件で逃げたり隠れたりする必要はないと思いますし、みのさん自身も「30過ぎて世帯を持って独立して、という人間に関して、身内だからということで責任を取るのはおかしい」と発言したわけですから、なぜここまで必死に逃げようとするのか不思議です。

もしかすると自身のセクハラ疑惑がなおざりにされたままなので、そちらを追及されることも気にしているのかも?完全に窮地に立たされたみのさんですが、自分自身で追い込んでしまった部分もあるような…。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に