お笑いタレントのほっしゃん。(41)が2007年に結婚した夫人(36)と9月末に離婚していたことが分かった。別れた夫人とは2年以上前から代理人を立てて離婚調停を進めていた、 長男(3)の親権などをめぐり、長期化していたという。最終的に親権と養育権は夫人が持つことなどで合意。慰謝料はないという。
NHK連続テレビ小説「カーネーション」で共演した女優・尾野真千子(31)との交際を報じられていたほっしゃん。だが、離婚原因は…

【送料無料】カーネーション 完全版 ...

カーネーション [ 尾野真千子/ほっしゃん。]
価格:12,130円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

一般女性の夫人とは10年以上の交際の末、ゴールイン。09年には長男(3)も誕生したが、10年ごろから夫婦関係にヒビが入り、代理人を立てて話し合いを続けていた。昨年3月の東日本大震災後、妻子は沖縄に移住している。関係者によると、親権は夫人側で、慰謝料などはないという。

05年Rー1王者の実力派ピン芸人が約2年の話し合いの末、離婚していたことが分かった。

ほっしゃん。と管理栄養士だった夫人は94年に大阪で知り合い、10年間の同せい生活を経た後、07年11月に結婚。当時、夫人について「キャップをかぶると木村拓哉さんにそっくり。めちゃくちゃかっこいい。目がクリッとしている」と明かすなど幸せいっぱいで、09年6月には長男が誕生した。

しかし、関係者によると、翌10年にはすれ違いから夫婦関係に亀裂が入り、程なく別居。修復は不可能となり、互いに代理人を立てて離婚へ向けた話し合いを続け、今年9月末に成立したという。

離婚まで長期間を要したのは、長男の親権などを争ったためとみられる。ほっしゃん。は愛息を「ちびっしゃん。」として、たびたびブログに登場させるなど、子煩悩で知られていた。昨年3月の東日本大震災後、妻子は沖縄に移住したが、子供に会うため、現地を訪れていたという。結局、親権は夫人側がもち、慰謝料などはないという。長男が成人になるまでの養育費は、ほっしゃん。が支払うとみられる。

ほっしゃん。は今年6月と9月に、写真週刊誌に昨年のNHK連続テレビ小説「カーネーション」で共演した女優・尾野真千子(31)との交際を報じられていた。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「嫁の天然ボケエピソード散々ネタにしてたのにな」「だから尾野さんと頻繁にデートしてたんだ」「ほのぼの芸人だったのにイメージ悪いなあ」「2010年から離婚に向けた話し合いをしてたなら、尾野真千子は関係なくね?」「震災後、沖縄に移住…奥さんの性格も何か問題ありそう」などの声が。

10年以上の交際を経て結婚したのに、子供が生まれて1年後には離婚協議ですか…。
奥さんが子供を連れて沖縄へ行ってしまったことで関係が悪化したのかもしれませんが、夫婦にしかわからない事情もあるでしょうし、勝手にどちらかを非難することはできませんね。

有名な“ガス代”や“ヘリウムガス”の奥さんネタが好きだっただけに残念です。離婚が成立したことで尾野真千子さんとの関係に進展があるのかも注目です。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に