入札のたびに少額の手数料がかかり、落札できなければ手数料だけを取られてしまうペニーオークション(ペニオク)と呼ばれるインターネットオークション。その手数料詐欺事件に有名女性タレント(35)が加担していたことがわかった。女性タレントは2010年、落札していない空気清浄器を「1080円で落札したの」とブログで紹介し、サイトを宣伝していた。
ネット上ではすでに、このタレントがほしのあき(35)だと断定されている…

【送料無料】ほしのビュー...

ほしのビューティ [ ほしのあき ]
価格:1,470円(税込、送料別)

詳細は⇒ブログランキング

問題のサイトは「ワールドオークション」。運営していた大阪市のネット関連会社社長・鈴木隆介容疑者(30)ら4人が詐欺容疑で両府警に逮捕されている。

捜査関係者らによると、タレントが紹介していたのは2010年12月27日のブログ。「オークションでゲット」とのタイトルで、商品に顔を寄せてほほ笑む写真を載せ、「空気清浄機が欲しかったので、お友達から教えてもらったワールドオークションってサイトでお買いものしてみたよ」と記していた。

この商品の当時の市場価格は4万5000円~7万円だったが、「1080円で落札したの」と書き、サイトのアドレスを張り付けた上で、「よかったら見てみてね」としていた。

しかし、サイトには自動的に入札を繰り返す「ボット」というコンピューターのプログラムが仕組まれており、両府警が調べたところ、商品のほとんどはボットが落札し、参加者が競り落とせたのは全商品のわずか1~2%だった。

このため、両府警がタレントの所属事務所を通じ、タレントに落札の経緯などについて事情を聞いた結果、「知人から『サイトの運営者から30万円をもらえる。アルバイトをしないか』と誘われた。サイトは利用していない」と話した。商品は知人を通じて届けられ、ブログの文章も知人に指定された趣旨の内容を書き込んだという。

タレントは事務所に「軽率な行動をして、申し訳ない」と謝罪したという。当時、タレントのブログは少なくとも約1万3000人が常時閲覧していたといい、事務所は読売新聞の取材に「ブログはタレントが個人の責任でやっているが、管理が不行き届きだった。厳正に対応したい」としている。(以上YOMIURI ONLIN)


ネットでは、「言い訳するにしてもそれはどうなの…」「やっぱりグルだったのね」「仕事(ステマ)と呼ぶか詐欺荷担と呼ぶべきか微妙なラインだな」「このタレントを信じて騙された被害者もいるんだろうな」「タレントとは金になれば、なんでもやる。ってこと?」「ステマって芸能人にとって当たり前の事過ぎて悪いイメージ全然ないんだろーな」「オクの犯罪は関係なしと判断されても嘘ついて金貰ったのは事実」などの声が。

ペニーオークションのしくみとは…

一般的なオークションでは、場を提供するサイトは手数料で収入を得て、出品者は要らない物を処分して収入を得て、落札者は自分の希望する価格で商品を手に入れられる。

ペニーオークション(ペニオク)では、サイト運営者=出品者なのでどちらかというとショッピングサイトに近い。低価格でスタートした商品に対して入札するたびに手数料を取られる。最後に入札した人が商品を購入する権利を得るが、入札のたびに延長されるので競り合っている間は値段が上がり続け、手数料が支払われ続ける。

手数料が75円のサイトが多いが、1入札で1円上昇の設定の場合、1万円の商品を1000円で落札されてもサイトは7万円以上の手数料収入を得る。落札できなかった人は手数料だけ取られてしまう。

仕組み上、サクラ(運営者による入札)、bot(システムに組み込まれた自動入札ユーザー)が存在すると、一般参加者は落札が不可能になり、ペニオクサイトは商品を用意する必要すらなくなってしまう。完全な詐欺行為だが、これを外部から見破ることは困難である。(以上ガジェット通信)


▼ほしのあきさんがワールドオークションへのリンクを張り詐欺を行った記事▼
(現在は削除されており、魚拓)
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング

影響力のある人が紹介しているなら信頼できるだろうと問題のペニーオークションサイトを利用した人もいるでしょうね・・・。
ほしのさんは事務所に言われるがままにブログに載せただけかもしれませんが、それでも嘘の記事を載せるのは良心が痛まないのでしょうか…。芸能人のステマについてはもっと大きな問題になってもいいと思います。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に