TBSの朝の情報番組『はなまるマーケット』が来年3月で終了することが発表された。同番組は1996年9月にスタート、主婦向け生活情報番組として17年続く人気長寿番組だったが、2010年にNHK『あさイチ』が同時間帯にスタートしたことで人気に陰りが見え始めた。司会の薬丸裕英さん(47)は『あさイチ』に対抗しうるような企画をあれこれ出したそうだが、同じく司会の岡江久美子さん(57)が降板の意思表示をしており、乗り気ではなかった為に企画が通なかったという理由で番組の終了となったという…

岡江久美子の楽...

岡江久美子の楽…
価格:1,575円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

 岡江は番組冒頭、「今日は皆さんにご報告があります。この『はなまるマーケット』、来年3月でゴールを迎えることとなりました」と番組終了を報告。薬丸は「17年間、見てくださった皆さんに支えられて、本当に私達はがんばってこられました。ありがとうございました」とあいさつし視聴者に感謝した。

 同番組は96年9月にスタートした長寿番組でTBSの朝の顔となっていたが、各スポーツ紙によると、NHKが10年から同ジャンルの生活情報番組「あさイチ」を同時間帯にスタートさせてから人気にかげりが見え始め、最近は視聴率2~3%台が目立ち、テコ入れを免れられなくなってしまったというが、独自の番組制作が限界だったようだ。

 「同番組は生放送なのが月曜から木曜までで、金曜は収録。そうなったのは岡江が家庭の事情を理由に番組降板を申し入れたため、局側が慰留のために提案した。ところが、昨年、ちょうど金曜に北朝鮮のミサイル発射があったにもかかわらず、番組内では一切触れられず、局内で問題になっていた。薬丸は『あさイチ』に対抗しうるような企画をあれこれ出したが、岡江がまったくモチベーションが上がらないため企画が通らず、そうこうしているうちにどんどん視聴率が低下。どうせ一切報道を排除するなら『ヒルナンデス!』(日本テレビ)のように企業などのタイアップばかりにするか、『あさイチ』に対抗しうる企画をやるかしないと生き残れなかったが、制作サイドのコンセプトが中途半端なままだった」(テレビ関係者)

 番組終了で降板したがっていた岡江にとっては肩の荷が降りたに違いないが、収入が大幅に減る薬丸は無念だったに違いない。(以上リアルライブ)


主婦向けの朝の生活情報番組としては『はなまるマーケット』が先駆けだったと思います。衣食住にまつわる便利でお得な情報は多くの主婦が参考にしていたでしょうね。

それにしても、一家の大黒柱である薬丸さんにとって、主な収入源だったであろう番組の終了は厳しいものがあるでしょうね…。今まで以上に夫婦での共演が増えそうな予感。
岡江さんは薬丸さんとは立場が違いますから、主婦として家庭を優先したいという気持ちになったのもよく解ります。番組終了は残念ですが、17年も続いたのは薬丸さんと岡江さんの功績だと思います。

後番組については未定とのことですが、やはり同じような主婦向けの情報番組か、ニュース、ワイドショー関連になるのでしょうか?それとも今までにない新しい朝の番組になるのか、気になるところです。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に