シャ乱Qのボーカルで、音楽プロデューサーのつんく♂さん(45)が6日、喉頭ガンと診断されていたことを自身のオフィシャルブログなどを通じて発表した。つんく♂さんは7、8年前から声帯に違和感を覚え、昨年10月頃からは声全体がハスキーになって声を出しにくくなったという。出演しているauCMでも、声がガラガラで明らかにおかしいと話題になっていた。今年2月に手術により細胞の検査をしたところ、喉頭声帯にガンが発見された。しばらく芸能活動を休止し、治療に専念するという・・・

続きを読む⇒ブログランキング



 昨年から各所で喉の不調を訴えていたつんく♂。7~8年前からすでに声帯に違和感があったといい、今年2月に全身麻酔の手術により細胞の検査をしたところ、喉頭声帯にガンが発見されたという。

 現在すでに治療に入っているが、治療後も声が使えるようになる時期などについて未知な部分が多いといい、しばらくは休業することになる。

 一方でつんく♂本人は「頭脳も、それ以外の部分もすこぶる元気で、血液検査の結果を見た、ある先生からは『この数値だけみると病気の人のものとは思えないんだがねぇ』と言うようなお言葉も頂戴しております」と前向き。治療に向けて「正直、自分としても『まさか自分が』と驚いたのは事実ですが、『病は気から』と申します。これも人生における何かのヒントだと思い、ポジティブに進んで行くと決心したところです」と述べている。集中的な治療期間が過ぎればデスクワークなどには復帰するとしており「どうぞ皆様これにもまして応援の程、宜しくお願い致します! そして、治療後には、また歌を皆様に届けられる日を楽しみにしております」とファンに呼び掛けている。(以上シネマトゥデイ)


ネットでは、「いまやってるauのCMとか、明らかに声がおかしいもんな」「あの声でさんま御殿とかトーク番組出てて痛々しかったわ」「喫煙が原因なんだろうなあ」「あんな露骨にガラガラ声になるような症状で早期なの?」「声を失うことだけはないように願いたい」「この年齢だと転移が早いから心配」「モーニング娘。の為にも早く回復出来ますように」などの声が。

今年の初め頃、「声帯の筋肉に脂肪か何か異物のようなものが入っていて、それが何かを調べるには(手術して)開けてみるしかない」と本人が言っていましたが、全身麻酔で手術しないと分からないものなんですね…。

コメントからは心配をかけないように気丈に振る舞っているのが分かり余計に心配になりますが、つんくさんの咽頭がんは早期発見で治るケースとのこと。本当にそうであってほしいと心から思います。

関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に