昨年10月に咽頭がんで療養中の音楽プロデューサー・つんく♂さん(46)が4日、プロデュースを務める母校・近畿大学の入学式に登場し、新入生約7000人への祝辞の中で、声帯の摘出手術を受けた結果、声を失ったことを告白した…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

続きを読む⇒ブログランキング


 式の終盤、司会から紹介されたつんく♂は左手を挙げて大歓声に応えながらステージ中央に登場。首にはストールが巻かれていた。そのまま、後輩へのメッセージは大型スクリーンでの活字を通して伝えられた。

 「なぜ、今、私は声にして祝辞を読みあげることが出来ないのか…」「それは、私が声帯を摘出したからです」と衝撃の告白。「去年から喉の治療をしてきていましたが、結果的に癌が治りきらず、摘出するより他なかったから、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました」と赤裸々に胸の内を明かした。大先輩の登場時にはざわついていた新入生も一気に静まり返り、スクリーンの一字一句に目をこらしていた。

 「『ああ、この大学を卒業してよかったな。こんな私がお役に立てるなら精一杯頑張ろう!』そう心に思いました。昨年末から何度も大学とメールでやり取りしたり、スタッフが伝言してくれたり、、を繰り返しつつ、今日、この日を迎えました」と、母校のためにひと肌脱いだ経緯を説明した。

 「私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来る事。こんな私にしか出来ない事。そんな事を考えながら生きていこうと思います」と決意表明した。

 新入生に対しては「皆さんもあなただから出来る事。あなたにしか出来ない事。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりは無理なんだという人生が待っていると思います」とエール。「私も皆さんに負けないように、新しい人生を進んで行きます!」と前向きなメッセージを送った。

 最後の校歌斉唱はギター演奏で参加した。

 つんく♂は昨年3月にがんを公表して、タレント活動を休止。同4月の同校入学式のプロデュースを初めて担当して準備を進めていたが、式当日は治療のため出席を断念した。その後、9月25日に一度は完全寛解と発表したが、10月17日には再発を公表。この日更新したブログでは昨年10月半ばに声帯の全摘出手術を受けたことを報告している。(以上デイリースポーツ)


ネットでは、「マジかよ…」「早期発見だったから大丈夫だと思ってたのに・・」「どうなったんだろうとずっと心配してたのでショック」「才能がある人だけに残酷すぎる…」「つんくの歌が二度と聴けないとか・・・辛い」「ボーカリストとして命の次に大切な声を失ったわけだから他人にはショックは計り知れないだろう」 「辛いとは思うけど、家族のために生きる道を選んで素晴らしいと思う」「歌声はちゃんと歴史に残ってるからその点はよかったね」「声も出て目も見えて耳も聞こえることって当たり前のようでありがたいことなんだよなぁ」などの声が。

声帯切除で声が出せなくなったのは本当だったんですね…。とてもショックです。

歌うことを生業としてきたつんくさんにとっては苦渋の決断だったと思いますが、奥さんやまだ幼いお子さんのため、何としても生きねばという思いだったのでしょう。

歌うことは出来なくなりましたが、作詞作曲でこれからも多くの人に感動を与えてほしいですね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に