作家・百田尚樹さんが故・やしきたかじん(享年64)と妻・さくらさん(32)の出会いから別れまでを描いたノンフィクション『殉愛』が波紋を広げている。発売から間もなくしてブログから足がついたさくらさんの”重婚疑惑”にネット上では批判の声が上がっているが、内情をよく知っているであろう関西のテレビ局はなぜか口を閉ざしたままだ。これは、「たかじん」の冠を使った番組の権利をさくらさんが持っているからだという。看板使用料も、さくらさんが設立した事務所宛に振り込まなければならず、テレビ局はさくらさんに逆らえない状況のようだ…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

殉愛 [ 百田尚樹 ]

殉愛 [ 百田尚樹 ]
価格:1,728円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング


百田尚樹が故・やしきたかじんの闘病生活を描いた『殉愛』が話題だ。たかじんと妻・さくらさんがFacebookを通じて出会い、結ばれ、闘病生活の果てに迎えた死別を綴ったノンフィクションは、わずか1週間で6万部を超えるベストセラーとなっている。ところがさくらさんに〝重婚疑惑〟が浮上。美談が一転するスキャンダラスの事態となっているわけだが、たかじんの「身内」は未だに静観したまま。聞けば、「人質」を盾にされて、口出しがまったくできない事態に陥っているのだという。

 関西芸能界のドンであり、歌手でもあったたかじん。

「著書発売のタイミングでは、『金スマ』をはじめ、『Mr.サンデー』『情報ライブ ミヤネ屋』などで特集されました。売れると踏んだのでしょう、出版元も初版25万部と、最近では聞かない異例の部数設定です」(出版関係者)

『殉愛』という漢字が示すように、たかじんが亡くなる直前に結婚したさくらさんがいかに献身的に闘病生活を支えたのか、がメインストーリーとなっている。ところがブログから“足がついた”重婚疑惑によって、その信憑性が今、大きく問われているのだ。

 ただし、そうした内情を最もよく知っているであろう在阪のテレビ関係者の口は重い。なぜか!?

百田氏が芸能界のドンと呼ばれる人物を取り込んで『殉愛』の出版にこぎ着けたことは聞いています。内容は妻サイドの一方的な取材だけで書き上げた、偏ったものだと思う。ですが、関西のテレビ業界の人間はおくびにも出しません。理由は、今でもたかじんの冠を使った番組をオンエアしており、その権利をさくらさんが持っているから。看板使用料も、妻が設立した事務所宛に振り込まなければならないんです。生前の映像の使用許諾についても申請が不可欠ですし……。要するにさくらさんには逆らえないんです。『今、ヘタに動いたら番組はおろか、過去素材も全部吹っ飛ぶ』というのが本音ですよ」(在阪テレビ局関係者)

 唯一、反撃があるとすれば、本の中で散々こき下ろされていたたかじんの元事務所スタッフくらいのもの。複数の週刊誌が取材攻勢に出ており、展開次第では真相が明かされるかもしれない。しかし、そんな展開を誰よりも望んでいないのは、天国に行ったやしきたかじんその人ではないだろうか。(以上DMM NEWS)


ネットでは、「ヤバイ女に権利握られちゃったなー」「嫁あの短期間に事務所も立ち上げて金が自分のとこに入るようにしてんのか。やり手やのう」 「えげつないわぁーーーー 」「まじか たかじんの冠番組もう見ないことにするわ」「たかじんの名前のついた番組をやめれば済む話」「嫁の件はたかじんの自業自得な部分はあるけど酷い話しだなあ」「殉愛に出てくるさくらさんのイメージとは違いますね」などの声が。

妻・さくらさんは、たかじんさんが代表だった個人事務所を引き継ぎ、『株式会社Office TAKAJIN』をたかじんさんが亡くなった後に設立しました。代表取締役は「家舗さくら」となっています。

どうやら、この事務所がたかじんさんに関する様々な権利を独占しているよう。テレビ局は『Office TAKAJIN』に逆らえない立場とはいえ、事実を報じないのはどうなんでしょうね…。

『殉愛』よると、たかじんさんの遺言書にはさくらさんが受け取るものとして、2人名義の預金、大阪・東京のマンション、テレビ番組の看板料、この3つが記されたそうです。看板料は約1億5千万円と報じられていますから、この額がすべてさくらさんの会社に入るということになります。

ちなみに、遺言書はたかじんさんが亡くなる5日前に弁護士立会いのもと作成されたとか…。

生前、マネージャーに「俺が死んだら冠番組は全部終わらせてほしい」と言ったとも言われていますが、亡くなったたかじんさんは今、草葉の陰から何を思うのでしょうか…。

▼百田尚樹『殉愛』は嘘だらけ!?次々と暴かれる事実 さくらの正体とは…▼
ランキング GAZOU ランキング GAZOUランキング


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に