10日に会見し、4月15日に肺がんのため亡くなった俳優・愛川欽也さん(享年80)への思いを語った妻でタレントのうつみ宮土理さん(71)。最愛の夫を亡くした悲しみが伝わる会見だったが、一方で報道陣から愛川さんの最期について聞かれると「悲しすぎて、そんな質問は酷です」と顔色を変え、亡くなった後の心境ついては「亡くなったんですよ。悲しさを知らないから聞けるのでしょう」と声を荒げる場面もあった。この喧嘩腰のうつみさんの対応が今、波紋を呼んでいる…楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!
続きを読む⇒ブログランキング


 会見冒頭のうつみによるあいさつが終わり質疑応答となると、うつみは不自然なまでに報道陣の質問に噛みつくような発言を繰り返した。集まった報道陣は100人近く、民放各局にNHKのカメラもあり、民放のベテランリポーターが勢ぞろい。うつみが、最後は自身の介護と医師の往診を受けて自宅療養していたと語ったため、女性リポーターが最後の病床の様子を聞くと「そういうことは言えますか? 私が。悲しすぎて、そんな質問は酷です」と突然、目の色を変えて怒り出した。「37年の結婚生活で一番幸せだったことは?」という質問にも「全部です!」と語気を強めた。

 また、「どうして入院させなかったのか?」という男性リポーターの質問にも「当たり前だからです!」と返答。「愛川さん本人の意思を聞いたのですか?」と聞かれると「何も聞いてません」ときっぱり。「愛川が家が好きって知っていたからです。病院に行ったら治るんですか? 愛川が家が好きってわかっていたし、私の隣が好きってわかっていたから。家に来てくれるお医者さんと一緒にがんばっていました。手を握ってずーっと、手を握ってずーっと」と訴えた。

 さらに、亡くなった後の心境について女性リポーターが「どうでしたか?」と聞くと「どうでしたか? って、亡くなってるんですよ!それって、そういう質問ができるって、幸せな方ですね。そういう悲しさを経験したことがないから、幸せですね」と完全に喧嘩腰。

 このほかにも「愛川さんはよく(自分たち夫婦の関係を)同志と言ってらっしゃいましたが」という他意のない質問に対しても、「あれは男の人の表現で、同志でもなんでも、私はキンキンといられさえすればいいんですから」と不快感を露わにした。さすがのベテランリポーターたちもかなり言葉の選択に気を遣ったようだが、「大きな支えを亡くされた今……」と問いかけられると、「私に支えがないと思ってらっしゃるんですか?」と最後までつっかかる始末だった。

 うつみが約1カ月ぶりの公の場で見せたこの奇行めいた言動には、さまざまな臆測の声が飛び交っている。女性誌のベテラン記者は語る。

「うつみさんは、愛川さんが前妻と離婚した翌日に再婚。当時はもちろん『略奪婚』と呼ばれましたよ。だからうつみさんも1年間は仕事をできなかったが、その後はうまいこと“おしどり夫婦”として長年芸能界を生き抜いてきたのです。しかし、その実態といえば、愛川はお酒やギャンブルなどをやらない代わりに、度重なる女性問題でうつみを悩ませ続けていました」

実際に愛川は、2003年には「フライデー」(講談社)に23歳年下のマネージャーと、07年には「フラッシュ」(光文社)にキンキン塾所属の44歳年下女優との不倫が報じられている。72歳にして“現役”を世にアピールする格好になったこの不倫報道にも、当時韓国留学中だったうつみは、愛川から電話で報道についての報告を受け「あんたカッコいいじゃん。世間は“現役”だと思うよ」と言ったことを公の場で明かし、器の広い妻として強い印象を与えた。
 しかし、愛川がこの世を去ったことで、突然豹変したようにその余裕をなくしたのはなぜか? 2人と一緒に仕事したこともある民放テレビ局関係者は語る。

「うちのアナウンサーも生前愛川にお世話になったからと、愛川さんが亡くなって10日ほど経ってから自宅に弔問に行ったそうですが、うつみさんから『まだ人に会えるような状態ではないから』と断られたと言っていました。おそらく、親交のあった芸能関係者にも皆そうなんでしょう。10日の会見の様子は映像で見ましたが、あんな真顔で逆上するうつみさんは初めてみました。うつみさんには大きな遺産問題が残されているのではないでしょうか。キンケロシアターも私財をはたいてつくったもので、現状収益を上げられているとは言い難いですし、うつみさん自身も最近は精力的に仕事をしているわけでもありません。遺言次第ですが、愛川さんの前妻との間の長男と長女にも遺産分けしなくてはいけないでしょうし、そこに愛人も口を出してくる可能性もあります。あのうつみさんの気の動転ぶりは、喪失感というよりは現実的な死活問題とこれから戦っていかなければならないという気負いの現れなのかもしれません」(以上Business Journal)


ネットでは、「この人離婚成立した翌日婚姻届だしてるから不倫だし。人生の最後が泥沼になるのは自業自得」「離婚翌日に結婚したんだから、そりゃ、もめたって仕方ない」「大切な人を亡くされた夫人に配慮の欠けた愚問をぶつけた結果であろう」「観てるこっちは『その程度の質問されるの嫌なら何て会見開いたのよ?(´・ω・`)?』という感じ」「この会見って愛人への先制パンチじゃないかなと思います。愛人が色々暴露する可能性を防ぐために私が一番愛していたという宣戦布告かなぁ」「会見見てて最初はかわいそうにと思ってたけど、逆ギレばっかで気分が悪くなった」「かなり精神状態が不安定になってるんだろ。まだ会見は早過ぎたんじゃね?」 などの声が。

愛川さんの不倫報道の時には芸能リポーターの直撃取材を「カッコいいじゃん」と上手くかわしたうつみさんでしたが、この会見では感情を露わにする場面が多く、精神的に相当参っている様子でした。会見は気持ちの整理がついてからでも遅くなかったのでは…。

愛川さんの子供は長男で俳優の井川晃一さん(56)と長女で女優の佳村萠さん(55)ですが、2人は密葬には出席したのものの、初七日には呼ばれなかったと報じられています。

井川さんは愛川さんとの共演も多く、良好な親子関係だったようですが、初七日に呼ばれなかったということは、うつみさんとは交流がなかったのかもしれませんね。

愛人と噂されている劇団キンキン塾所属の女優・任漢香さんは愛川さんが亡くなったことも知らされず、葬儀にも参列できなかったとのこと。

週刊誌の直撃取材に泣き腫らした表情で「私、看取りたかったです…」と話していたそうですが、愛人だったかは別としても、愛川さんが可愛がっていた任さんを葬儀に呼ばなかったのは本妻であるうつみさんの意地でもあったのでしょうかね…。

会見が「ぶちギレ」などと報じられてしまいましたが、時が経って、穏やかに話せる日が来るといいですね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に