歌手の松田聖子さん(51)が大ヒットしたNHK朝ドラ『あまちゃん』のセリフを巡って猛クレームをつけたことにより、問題のシーンが『あまちゃん完全版DVD』からカットされてしまった。これに対し、あまちゃんファンから怒りの声が上がっているという。松田聖子さんサイドを怒らせ、お蔵入りにまで追い込んだという問題のシーンとは…

あまちゃん 完全版 DVD-BOX 1

あまちゃん 完全版 DVD-BOX 1
価格:12,768円(税込、送料込)

続きを読む⇒ブログランキング

「『あまちゃんがおもしろい』と評判を聞いて、GWぐらいから本格的に観るようになりました。初回から観ていなかったのでDVDが発売されるのを楽しみにしていたのに、放送であったシーンがなくなっているなんて、信じられない!

 こう話すのは、9月27日に発売された「あまちゃん 完全版BOX1」(NHKエンタープライズ)を購入した40代の男性だ。

 聖子サイドがNHKに「あまちゃん」のセリフを巡りクレームをつけたことをスッパ抜いた。そして、その場面が「DVDではカットされるのでは」と懸念していたのだが、まさに的中してしまったのだ。

 それは、第38話の天野春子(小泉今日子=48=)が娘であるアキに初めてかつてアイドルを目指していたことを告白するシーンだった。春子は若い頃に自分を夢中にさせたスターの名前を次々にあげて、80年代アイドル史を解説する。そこで、春子は往年の松田聖子をこんなセリフで解説したのだ。

「みーんな夢中だったのよ、聖子ちゃんには。何しろ歌がうまい! もちろんかわいい! ぶりっ子って言葉の語源は聖子ちゃんだからね。かわい子ぶっているのに同性に嫌われない。むしろ憧れの対象だったわけ‥‥」

 ところが、DVDを観てみると、「ぶりっ子って言葉の──」以下のセリフは跡形もなくカットされている。

 聖子サイドが問題視したのが「聖子=ぶりっ子」という内容であることをキャッチ。そして、業界には「聖子」と一緒に扱ってはいけないNGワードが存在し、その1つが「ぶりっ子」であることも報じた。まさに、その部分がカットされているのだ。

 その後、アキが本当にアイドルになる展開が待っていることを思えば、非常に重要なシーンであることは間違いない。そして、親子関係が変化していく最初の契機となる感動シーンでもある。実に残念な結果となったのだ。あるドラマ関係者が打ち明ける。

「このシーンには小泉さんと能年さん、2人の間に貼られた松田聖子のベストアルバムのポスター、この3ショットを撮るために、かなり苦心した演出を施しています。カットされたセリフのあとに、紅白初出場時の『青い珊瑚礁』の本人映像を差し挟むのも、その一環です。もちろん、映像を使用するわけですから、聖子サイドの承認は事前に得ています。セリフの1字1句まで確認させるなんて、これまで聞いたことがありません。とはいえ、聖子さんは昨年の大河にも出演し、歌番組にもたびたび出演するなどNHKとの関係を考えると、聖子サイドの意向には逆らえませんでした」(以上アサ芸プラス)< /blockquote>

実はDVDには「聖子=ぶりっ子」の件の他にもカットされてるシーンがあるそうなのです。それは、第47話の北鉄の倉庫でアキと種市先輩との初めてのラブシーン・・・

「その火を飛び越えて来いって意味ですよね、先輩」

 アキは言うと、たき火から遠ざかり、ジャンプしようとする。放送では、スナック梨明日で駅長の大吉がヴァン・ヘイレンの「Jump」をカラオケで熱唱するシーンがカットインされていた。アキの勘違いと相まって、実にコミカルなシーンだった。

 ところが、DVDでは熱唱部分がカット。いきなり現れた副駅長の吉田がアキを押しのけて、火を飛び越えるというオチがちっとも笑えないことに‥‥。

 これらのカットの理由を聞こうと、NHKエンタープライズに取材を申し込んだが、

「確かに、(ぶりっ子の)セリフは入っておりませんが、DVDには『このビデオプログラムには放送時と異なる箇所があります』と明記してあります。聖子さんのクレームの件はわかりかねますが、楽曲に関しては許諾が下りなかったということになります」(以上アサ芸プラス)


「あまちゃん」は80年代の懐メロや替え歌、その他小ネタ、パロディーなどが髄所に出てくるだけに、NHKは細心の注意を払っていたそうです。それでもこのような問題が起きてしまったわけですから、権利の問題って本当に難しいですね。

気に入った作品は途中からでも録画しておいた方いいようです。

聖子さんサイドが問題視した「ぶりっ子の語源は聖子ちゃん」という部分は、アー ティストとしての活動を優先しているだけに、いまさら過去のイメージを掘り起こされては困る、とのこと。
今でも聖子さんは「ぶりっ子」の典型例として扱われることが多いですが、そもそも、ぶりっ子の語源って本当に聖子さんなんでしょうか?調べてみると意外なことが明らかになりました。

1979 年の時点で江口寿史の代表作『すすめ!!パイレーツ』に「かわい子ぶりっこ」という言葉が登場している。「かわいい子ぶる(かわいいふりをする)子」を、江口が独自に変化させた言葉だと考えられる。これがマスコミで「ぶりっ子」という言葉が最初に使用された例とされている。なお、この時に「ぶりっ子」として描かれたのは石野真子である(作中の登場人物が、石野真子の姿を真似て「わかんないですぅ」と言う)。これがアイドル歌手の松田聖子(1980年デビュー)の人気と共に世間に広がったと見られる。(以上Wikipedia)


ということですから、「ぶりっ子の語源は聖子ちゃん」というセリフは誤った情報だったわけですね。
ぶりっ子として扱われた最初のアイドルが石野真子さんって、意外に知られてない!?
これは脚本家クドカンさんのミスってことになっちゃいますが…。事前に誰も確認しなかったのでしょうか?事実とは異なるわけですから、これではカットされても仕方がないかと…。

『あまちゃん完全版DVD』、本当は「ディレクターズカット版」とするのが正しいのっでは!? 熱狂的ファンにとってはどんな些細なシーンも大事なシーンなわけですからね。


関連記事もご一緒にどうぞ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に